【商標】パチスロ事件

「商標権の侵害」とは、正当権原等なき第三者登録商標またはこれに類似する商標をその指定商品等またはこれに類似する商品等に使用すること等をいう(25条、37条)。

本問において、乙の行為は、甲の登録商標イが付された、甲の指定商品「電子応用機械器具及びその部品」に含まれる集積回路Aを、その内部に取り付けた業務用テレビゲーム機Bを販売する行為であるため、甲の商標権の形式侵害に該当する(25条、2条3項2号)。

しかし、乙の当該集積回路Aは、業務用テレビゲーム機Bに組み込まれることによって、商品としての独立説を失い、これに残存する商標イは、商標法上保護されるべき自他商品識別機能を失うと認めるべきであり、当該集積回路Aを業務用テレビゲーム機Bの部品として組み込んで販売した行為は、甲の登録商標イの使用行為に当たらないとする考え方もあるため問題となるが、

一般に、商標の付された商品が、部品として完成品に組み込まれた場合、その部品に付された商標を保護する必要がなくなるか否かは、完成品の流通過程において、当該部品に付された商標が、その部品の商標として自他商品識別機能等を保持していると認められるか否かによると解すべきであり、その判断に当たっては、商標の付された商品が部品として完成品に組み込まれた後も、その部品が元の商品としての形態ないし外観を保っていて、当該商標が部品の商標として認識される状態にあり、かつ、当該備品及び商標が完成品の流通過程において、取引関係者や需要者に視認される可能性があるか否かの点を勘案すべきである。

なぜならば、商標法は、商標権者、取引関係者及び需要者の利益を守る多商標の有する自他商品識別機能等の諸機能を保護するものだからである。

したがって、乙が当該業務用テレビゲーム機Bを販売する行為が、甲の商標権の侵害になるのは、商標イの付された商品(集積回路A)が部品として完成品(業務用テレビゲーム機B)に組み込まれた後も、その部品(集積回路A)が元の商品としての形態ないし外観を保っていて、当該商標イが部品(集積回路A)の商標として認識される状態にあり、かつ、当該部品(集積回路A)及び商標イが完成品の流通過程において、取引関係者や需要者に視認される可能性がある場合である。